ロシアでのカジノ産業の芽生え

今、ロシアの東端の地で、豊かな日本や、中国や、韓国と言った国を主に相手にしようとして、カジノ産業が育ちつつあります。現在、ウラジオストックだけが、当局にと止められているカジノの地であり、そこに海外からなどからの投資等も集まってきています。そこでは、8つの異なるギャンブルをするスペースからなっています。特に香港からの大きな資本が入ってきており、極東でのランドマークとすべく、現在、開発が進んでいるところです。学や、他のお金のかかる国家プロジェクトが遂行されてきました。

しかし、比較的、近い関係にあった、中国からの資金の流入というのは、これまであまり、ありませんでした。しかしながら、マカオや香港など、特別区を除きギャンブルが違法である中国の旅行者が、大挙して、押し寄せる可能性があったのです。ウラジオストックの対岸にざっといる中国人だけで、ざっと1億人以上はいます。

まだまだ、ロシアのカジノの質は、エンターテイメントとしては、それほど、高くないとも言われていますが、どんどん良くなってきており、今後、ラスベガスや、マカオなどの一大カジノ都市とも肩を並べる可能性は秘めた場所になってきています。

プーチン政権下で、モスクワは、何千億円ものお金が投入され、巨大な橋や、新しい大さらには、現在、大きな香港の資金が流入しており、ロシアのカジノ産業の大半がその資金で、運営されているとも言われています。さらに、資金は、流入しており、豪華ホテルや、ゴルフ場、その他の施設が、どんどんウラジオストックに増えているという現状があります。地場企業も、この動きに同調しようとは、しているのですが、少し動きが遅いということがあり、香港の資金が先行して、産業を引っ張っているという構図になってきています。

ロシアでは、歴史的もギャンブルに対して、一般的な教会による否定的な考え方があったということも、ネガティブな要因になっています。著名な著書等で、その中毒性が指摘されて、長く、ギャンブルに対して、否定的な意見が多く有りました。

現プーチン政権もそのような考えのもと、ギャンブルに対しては、否定的でした。しかし、中国などの外資の取り込みがますます重要性を増す中、ロシア国民に対してというカジノのスタンスではなく、海外の方へのサービスについては、これまでの路線とは、違い、寛容な態度を取ることで、カジノビジネスの発展につながってきたのです。今後も、ますます、中国や香港などのアジアがこのような流れを主導していき、きっと、ロシアで、大きなカジノビジネスが成長していくことでしょう。

エンパイアカジノで遊べる全種類のポーカーを徹底調査してみた